お子さんの好奇心を高めることができる学研の付録

学研の付録はお子さんの好奇心を高めることができます。想像力も身につきますし、視野も広がります。本や雑誌で想像するのとは違い、実際に手にとって体験できることも魅力です。お子さんは実験が大好きですから、ゲームや玩具で遊ぶ感覚で学べることもあります。科学が苦手な女の子が多いと言われていますが、学研の付録で興味を引くこともできます。お子さんだけではなく、大人でも好奇心が膨らみます。お子さんと一緒に実験してコミュニケーションを高めることもできます。お子さんは、少し大人になった気分も味わえる商品もあります。学研は長い歴史もありますから、時代に合った商品が選ばれているのも魅力です。プラネタリウムやクリスマスツリーと部屋のインテリアとして飾れるものもあります。思い出としていつまでも残すこともできます。自宅だけではなく、外に持ち出して楽しめるものもあります。外に持ち出せる商品は好奇心を一層高めることができます。安全性も高く、環境にも配慮した商品でお子さんたちは学ぶことができますから、将来の生活にも役立ちます。モノづくりに興味を持ってくれることもでき、最後まで付録をつくり上げる楽しみを体験することもできます。

学研の科学の付録が子供にもたらしたもの

学研の科学の付録と言えば、顕微鏡やカブトエビ飼育キット、酸性雨調査キットなどなの子供が惹き付けられるとてもクオリティーが高い豪華な物が多くありました。現代の紙のメディア離れの影響で惜しまれながら2010年の3月に休刊になりましたが、最盛期には全学年で670万部もの販売部数がありました。科学雑誌が少ない中で、その当時の雑誌の書店での販売方法とは異なり、毎月直接手元に届く学研の科学を子供達はわくわくしながら待ちました。科学実験をするための付録が子供達からとても人気があり、子供の好奇心を刺激し、科学のおもしろさや楽しさを与えてくれました。科学雑誌の文字を読むだけではなく、実際に家庭で出来る簡単な実験を通して、発見や知識や体験を得る事が出来ました。この事は子供達の科学への入口となり、科学的な物に対する好奇心や興味は大きく養われました。学研の科学で育った親達は、自分の子供達にも科学の楽しさや体験をさせたいと考えている人も多いかもしれません。時代のニーズに合わせ、形を変えても科学に触れあえる機会や場所が沢山増えていき、現代の子供達にも科学のへの好奇心や体験を伝えていくことは大事なことではないでしょうか。

free blog themes